「いびき」や「お口ぽかん」と「落ち着きのない」子どもとの関係 / Kids’ Snoring Linked to Hyperactivity

Please read an English article below.

 

こんにちは♪

おけいこです。

 

あなたは、

いびきをかきますか?

 

私は先週、

自分のいびきで目が覚めました。

 

Σ(゚Д゚)!ハッ!

 

口にテープを貼って寝ているにも関わらず、

舌が落ち込み、

のどの奥が狭くなって、

ゴーゴー鳴っていたのだと思います

 

二日続けて

いびきで目が覚めたので

寝不足で、重だるかったです。

(=_=)。。。

 

基本的に、

睡眠中静か呼吸するもので、

口も閉じているのが正しいです。

 

もしも、

いびきをかいたり、

口を開けて寝ている人は、

肺に直接ホコリやウィルスを取り込む

だけでなく

睡眠の質が低くなりがちで、

疲労が回復しづらく

翌日のパフォーマンスにも

悪影響を与えています。

 

https://matome.naver.jp/odai/2149076433783741201/2149080508009515203

 

いびき口呼吸

子どもにも多く見られますが、

それらの呼吸習慣は、

ガタガタの歯並び風邪を招く

だけでなく、

落ち着きのなさ

多動注意欠陥とも

関係している

と言われています。

 

(参考記事)

Kids’ Snoring Linked to Hyperactivity

http://www.einstein.yu.edu/news/releases/771/kids-abnormal-breathing-during-sleep-linked-to-increased-risk-for-behavioral-difficulties/

 

お口がポカンと開く原因は、

  • 鼻炎
  • 舌が短い
  • 扁桃腺肥大
  • 出っ歯

など。

 

上記の要因のために

鼻呼吸が困難な場合には

手術矯正治療が必要なこともあります。

 

また、

肉体的には問題がなく、

  • 猫背
  • 口を閉じる筋力が弱い

ために、

口呼吸習慣化している場合もあります。

 

昼間に口が開いている人は

夜間も閉じられません

 

その場合は、

睡眠中の呼吸障害の可能性が高くなります。

 

睡眠呼吸障害のある子どもは、

正常に呼吸する子どもと比べて、

神経行動障害発症する可能性が高いので、

いわゆる、

問題行動をする可能性が高いです。

 

よく見られるのが、

多 動

です。

 

これは、

睡眠呼吸障害

脳に影響を及ぼすことで

行動上の問題を引き起こす

可能性があると考られています。

 

呼吸がしづらいことで、

前頭前皮質の酸素レベルを下げ

二酸化炭素レベルを上げ

さまざまな細胞と化学物質の

バランスを崩します

 

これらの脳への悪影響で、

  • 注意力
  • 準備・計画
  • 実行力
  • 整理整頓
  • 自制心
  • 自己制御

などに問題が生じます。

 

昼間の問題行動や、

集中力、成績に問題がある場合は、

まずは、

睡眠中呼吸の仕方注目してみてください。

 

  • いびき
  • 口呼吸
  • 睡眠時無呼吸

のうち、

1つでも該当するようなら、

  • かかりつけ医
  • 睡眠呼吸器
  • 耳鼻咽喉科

を受診し相談してみてください。

 

昼間の問題行動

夜間の呼吸関係している

かもしれません。

 

今夜も、あなたが

ぐっすり眠れますように♪

 

明日も、あなたが

笑顔でいられますように♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です