「歯の本数」と「睡眠時無呼吸」の関係性 / The relationship between tooth loss and obstructive sleep apnea

Please read an English article below.

 

こんにちは♪

けいこです。

 

あなたのお口の中には、

現在、何本ありますか?

成人の歯の本数は32本

(親知らずを除くと28本)

です。

 

今までに失った歯がありますか?

 

歯を失う主な原因は、

  • 虫歯

  • 歯周病

  • 矯正治療等のための抜歯

  • 外傷(転倒、打撲、事故)

などです。

 

生まれつき歯がない場合もあります。

 

歯の本数が少ない人に

特にお伝えしたいのが、

 

歯の合計本数

寿命には

関係がある

 

と判明していることです。

 

(参考記事)

自分の歯が多く保たれている高齢者は健康寿命が長く、要介護日数が短い

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/06/press20170628-01.html

 

(記事より引用)

 

高齢期に、

歯の本数が多い人は、

健康長生きである

ことが明らかになりました。

 

自分の歯が多く保たれている人は

寿命が長いだけではなく、

要介護でいる期間が短い

こともわかったのです。

 

自分の大事にすることが、

元気に過ごせる時間を長くする

ことに繋がるのです。

 

(参考記事)

現在歯数と健康寿命

https://www.jda.or.jp/park/relation/teethlife.html

 

もしも、

歯を失ったとしても、

ブリッヂ入れ歯などで補えば、

心身の機能や健康維持されやすい

そうです。

 

 

そして、

さらに、

歯の本数

睡眠時無呼吸とも

関係がある

 

と言われているのです。

 

(参考記事)

Tooth loss and obstructive sleep apnea signs and symptoms in the US population

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2677990

 

 

歯を1本失うごと

睡眠時無呼吸(OSA)

リスク

2%上昇します。

 

5-8本失うと25%増加、

9-31本失うと36%増加、

 

総入れ歯になると、

なんと、

61%も増加します。

 

自分の歯を長く残すコツは、

毎日、朝晩の丁寧な歯磨き

フロス歯間ブラシの使用、

そして、

定期検診

クリーニングを受けること。

 

歯間ブラシや糸ようじが「認知症」を防ぐ

 

さらに、

口腔機能を

高い状態で維持すること

も重要です。

 

そのためには、

猫背爪噛み癖、

ポカン口早食いなどの

悪習癖を直し、

姿勢を正し

よく噛むこと、

正しく飲み込むこと

が大事です。

 

歯並び顎関節症

歯ぎしり

睡眠時無呼吸が気になっている人は

歯科医院で相談してみてください。

マウスピースを作製することもできます。

 

あなたの大事なお口をケアして

元気に過ごせますように☆

 

明日も、あなたが

笑顔でいられますように♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です