子どもの口呼吸を放置すると、心身ともに不健全になりやすい

Please read an English article below.

 

こんにちは♪

おけいこです。

 

あなたは、子どもの頃から

呼吸していましたか?

 

 

 

私は、、、

 

口呼吸をしていました。

 

つい、5年前まで(笑)

 

( ゚д゚) ポカーン…

 

 

仕事中、

マスクに隠された口も

つい、5年前まで、

 

( ゚д゚) ポカーン…

 

 

でした(笑)

 

が、

 

口腔筋機能療法(MFT)を知り、

学び、習得し、

 

初めてのクライアントが、

 

私自身です。

 

 

 

口呼吸は

なぜ

問題なのでしょうか?

 

 

(参考記事)

Undiagnosed Mouth Breathing Creates Unhealthy Kids

https://www.fatherly.com/health-science/mouth-breathing-in-children-causes-health-and-psychological-problems/

 

 

口呼吸は、

特に幼児期に始まりますが、

医学的な問題

引き起こしやすいのです。

 

口呼吸の習慣で

顔貌発達を変えてしまいます。

 

たとえば、

 

  • 細長い顔

  • 下顎劣成長 (小さい)

  • ガタガタの歯並び

  • 笑った時に歯ぐきが出る

 

他にも、

  • 虫歯、口臭
  • 夜泣き
  • 発達遅延
  • 睡眠不足
  • 不機嫌
  • 性格への悪影響
  • 扁桃が肥大しやすい

 

これらの違い

成人後取り返せない

場合が多い。

 

成人後も口呼吸をしていると、

  • 慢性的な疲労

  • 頭がすっきりしない

  • ぼんやりとした状態

 

を感じがちです。

 

 

人がから呼吸すると、

細菌を多く濾過し、

湿気を帯び温められた空気が

肺に届けられます。

 

副鼻腔で産生された一酸化窒素が

全身に酸素を送るのを助け、

肺が酸素を取り込み、

筋肉を弛緩させ、

血管を拡張させます。

 

一酸化窒素は、

抗真菌性、抗ウィルス性、

抗菌性の役割を持ち、

免疫系が強化され、

感染が阻止されます。

 

 

呼吸することは、

体をキレイにするのに

役立っているのです。

 

 

さらに、

睡眠の質高めます。

 

つまり、

機嫌大きく関わります。

 

本来の自分らしく

冷静に振舞えます。

 

一方で、

呼吸をする人は、

 

  • 怒りっぽい

  • イライラしがち

  • 忍耐力がない

  • 忘れっぽい

  • 眠そうにボーっとしている

  • 慢性疲労

  • 機嫌が良くない

 

 

私達が風邪を引き

口呼吸しかできない時

思い知りますね。

 

勉強も仕事もしづらく

頭が重く回転が鈍くなり、

寝つきも悪い

 

これが、

慢性的に鼻づまりがある(鼻炎の)人の

基本設定

ということなのでしょう。。

 

風邪を引いた時のように

習慣的口呼吸では、

  • 集中できない

  • 成績が伸びにくい

  • 覇気がない

 

などが表にあらわれてしまうのも

自然なことだと感じます。

 

 

それでも、

多くの大人が、

口呼吸をしている子供

見過ごしているのは、

口呼吸で成長した結末を知らないから。

 

知る機会がなかったから。

 

口呼吸をしている人の体は

何かがおかしい

メッセージを送っている状態です。

 

本来進むべき

発達コースではないですよ、

と教えてくれています。

 

 

口呼吸改善するには、

口腔周囲筋

筋肉を整える

MFTエクササイズがあります。

 

早く気づき

早く口呼吸のクセを矯正することが、

最も効果的な解決法です。

 

 

鼻で呼吸して、

ぐっすり眠り、

やりたいことをやる人生と

なりますように♪

 

 

明日も、あなたが

笑顔でいられますように♪


        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です